講演会
エネルギーや環境等をテーマにした講演会を開催しています。

平成30年度

12/14(金)エネルギー講演会

大谷氏
[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕約130人

 第一部では駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏を講師に迎え「人工知能(AI)と経済の未来」と題し講演を行いました。現在の人工知能の発展について紹介しつつ、将来の雇用への影響について話しました。
 第二部では帝京大学医療技術学部診療放射線学科教授の大谷浩樹氏を講師に迎え「放射線を利用した診断・治療~患者とのコミュニケーション~」と題し講演を行いました。レントゲンやCTなど放射線を利用した診療の有用性とそれを行なう際に患者とのコミュニケーションをとる重要性について話しました。

10月19日(金)エネルギー講演会

森本氏
[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕 130名

 元防衛大臣で拓殖大学総長の森本敏氏を講師に迎え、「日本のエネルギー安全保障~最近の国内外情勢を踏まえて~」と題して講演会を行いました。
 森本氏は東日本大震災前後での日本のエネルギー構成の変化を紹介し、最近の国際情勢の動きを踏まえた日本のあるべきエネルギー政策について解説しました。

8月7日(火)エネルギー講演会と弦楽四重奏

橘川 武郎氏


[場 所]
富山第一ホテル
[来場者] 約130名

 講師に橘川武郎氏(東京理科大学大学院経営学研究科教授)を迎え、「日本の将来を見据えたエネルギー政策~エネルギーのベストミックスを考える~」と題し講演会を開催しました。
 原子力発電について、使用済み核燃料の問題はあるが、安易に選択肢を放棄すべきでないと指摘。仮に今ある全ての原子力発電所が稼動しても、政府策定の2030年のエネルギーミックスに満たないとして、リプレースの必要性や新型石炭火力の活用・再生可能エネルギーの拡充について解説しました。

7月28日(土)環境を考えるフォーラム

[場 所]
金沢商工会議所会館
[来場者] 約100名

金沢市にて「環境を考えるフォーラム」を開催しました。
[第一部] 講師:蓬莱大介(ほうらいだいすけ)氏
          気象予報士・防災士
      演題:気象キャスターと考える
             「異常気象と環境問題」
[第二部] 講師:西浦みどり(にしうらみどり)氏
          オピニオンリーダー
          Amadeus Inc.代表取締役社長
          公立小松大学客員教授
      演題:「世界に誇れる日本」
            ~私たちの大切な環境のために~

4月25日(水)エネルギー講演会

[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕約150名

講師に科学ジャーナリストの東嶋和子(とうじまわこ)氏を迎え「水も過ぎれば毒となる~貝原益軒に学ぶ新・養生訓」と題し講演会を開催しました。江戸時代の儒学者貝原益軒が著した「養生訓」の教えから現代にも通じる健康維持の秘訣を紹介。何事もほどほど適量がたいせつであり、放射線被ばくの健康影響も量が問題で日常生活では心配する必要がないと説明しました。