北原懇だより

2016年3月

3月11日(金)放射線取扱技術研修会

講演する佐藤氏



[場 所]
金沢都ホテル
[主 催] 北陸原子力懇談会、北陸地域アイソトープ研究会

 受講者(36名)は、「放射線を利用する物質科学」や「放射線安全管理におけるこの20年の変化」のそれぞれの講演を真剣な表情で聴き入っていました。
●講演1
〔講師〕 佐藤渉 氏(金沢大学 理工研究域物質化学系 准教授)
〔演題〕 「放射線を利用する物質科学」
●講演2
〔講師〕 中島覚 氏(広島大学 自然科学研究支援開発センターアイソトープ総合部門長・教授)
〔演題〕 「放射線安全管理におけるこの20年の変化」

3月8日(火)企画・広報委員会

[場 所]
金沢商工会議所会館

  委員11名が出席し「平成27年度事業報告」及び「平成28年度事業計画(案)」について審議いただきました。

  また、北陸電力から志賀原子力発電所の敷地内破砕帯の調査に関する第8回有識者会合に関する説明がありました。

  委員会終了後、金沢大学医薬保健研究域医学系核医学 教授 絹谷 清剛 先生により「医療現場における放射線治療の現状」について講話を実施いたしました。

2016年2月

2月25日(木)技術委員会

[場 所]
金沢都ホテル

 委員13名が出席し「平成27年度事業実施状況」を報告し、「平成28年度事業計画(案)」について審議していただきました。また、日本原子力発電の敦賀発電所、日本原子力研究開発機構のもんじゅ、ふげん、および北陸電力の志賀原子力発電所のそれぞれの現況について、当該委員から報告がありました。

2月18日(木)・19日(金)経済・エネルギー講演会

金沢会場



2月18日(木)金沢商工会議所(来場者約150名)
        共催:石川県商工会議所連合会
2月19日(金)ホテルニューオータニ高岡(来場者約130名)
 講師に「住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち」「ヨーロッパから民主主義が消える」などの著者で、拓殖大学日本文化研究所客員教授の川口マーン惠美氏をお招きし、金沢と高岡の2会場で講演会を行いました。
 川口氏は脱原発を進めるドイツの現状を紹介したほか、再生可能エネルギーの普及に立ちはだかる問題点を説明。また、ドイツ在住34年の経験から、日本とドイツのエネルギー事情の違いを指摘し、脱原発を見習うのではなく、ドイツの取組みを教訓に日本は独自の道を歩むべきと話されました。

2月16日(火)・17日(水)エネルギー施設視察研修

小規模フィルタベント性能評価試験設備



[場 所]
電力中央研究所
・地球工学研究所(千葉県我孫子市)
・原子力技術研究所(東京都狛江市)
[対 象]
理工系大学生、大学院生および教員 14名
(富山大2名、金沢大6名、福井大2名、福井工大4名)

 本研修は北陸三県の理工系大学生、大学院生を対象に毎年行っているもので、訪問先では研究所に関する概要や設備見学などを通じてエネルギーについての知見を広げました。
 参加した学生は、普段目にすることができない施設を見学(津波氾濫流水路、低線量放射線長期照射設備等)し、最新技術や研究について触れることで、エネルギーについての理解を深めていました。

北原懇だより