北原懇だより

2017年3月

3月16日(木)放射線取扱技術研修会

受講風景

[場 所]金沢ニューグランドホテル
[主 催]北陸原子力懇談会、北陸地域アイソトープ研究会
[受講者]39名

●講演1
 〔講師〕長尾 誠也 氏
     (金沢大学環日本海域環境研究センター長)
 〔演題〕「福島原発事故により放出されたセシウム134,
      セシウム137の環境中における移行挙動」
●講演2
 〔講師〕松田 尚樹 氏
     (長崎大学原爆後障害医療研究所 
      放射線リスク制御部門・教授)
 〔演題〕「変わりつつある放射線施設のポジショニング
                             - 規制の見直し、緊急時モニタリング
                                プラットフォーム、放射線健康リスク
                                科学教育 -」

3月10日(金)環境・エネルギー講演会

[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕 約130名

講師に埼玉医科大学中央研究施設RI部門助教、放射線取扱主任の飯塚裕幸氏をお招きし「放射線の基礎とその利用~医療検査の現場から~」と題し、講演会を開催しました。
飯塚氏は放射線の基礎や人体への影響のほか、医療における放射線を利用した最新の検査や治療について話され、参加者は熱心に聴講していました。

2017年2月

2月9日(木)女性のための放射線セミナー





[場 所]
ユアーズホテルフクイ
[対 象]
北陸原子力懇談会会員団体・企業の女性従業員
〔参加者〕 20名

 当懇談会の会員企業・団体に勤める女性従業員の方を対象にセミナーを開催し、東京都市大学原子力研究所准教授の岡田往子(おかだゆきこ)先生が「食品に含まれる放射能~わたしたちの体からも出ている放射線~」と題し講演しました。
 先生は「放射線は食品や空気中にも含まれており、わたし達の身近に存在する」ことなどを分かりやすく説明し、参加者からは「放射線に対するイメージが変わった」などの声が聞かれました。

1月31日(火)~2月1日(水)エネルギー施設視察研修(福井工業大学、福井大学)

[場 所]
日本原子力研究開発機構
高速増殖原型炉「もんじゅ」
(福井県敦賀市)
自然科学研究機構 核融合科学研究所
(岐阜県土岐市)
日本原子力研究開発機構 瑞浪超深地層研究所
(岐阜県瑞浪市)
[対 象]
福井工業大学 原子力技術応用工学科、福井大学 工学系部門の学生および教授 44名

見学先では、高速増殖炉の概要、核融合エネルギーのしくみ、放射性廃棄物の地層処分に関して理解を深めていました。参加した学生たちは、数多くの施設を興味深く見学していました。

2017年1月

1月24日(火)新春KOUZA

対談する木久扇師匠と中川氏
[場 所]
金沢東急ホテル
[来場者] 約250名

 第一部では、東京大学医学部附属病院放射線科准教授・放射線治療部門長の中川恵一先生が「放射線の正しい理解とがん治療との向き合い方」と題し、医療における放射線利用や放射線と発がんリスクとの関係などについて講演しました。 講演後、喉頭がんを経験し克服された落語家の林家木久扇氏と中川先生が、がん治療の体験談などを交えて対談を行いました。
 第二部は、林家木りんさん、林家木久扇師匠の落語でみなさん楽しまれました。

1月18日(水)放射線セミナー

[場 所]
仁愛大学
[対 象]
仁愛大学人間生活学部健康栄養学科3年生10名

首都大学東京健康福祉学部放射線学科准教授の大谷浩樹氏が「放射線による人体への影響とその修復機能」と題し、食品中の放射性物質や被ばくの影響などについて講義しました。管理栄養士を目指す学生のみなさんはメモを取りながら、熱心に受講していました。

北原懇だより