北原懇だより

2016年9月

9月27日(火)環境・エネルギー講演会と木管五重奏(富山)




[場 所]
ホテルグランテラス富山
        
〔来場者〕約180名

講師に常葉大学経営学部教授の山本隆三氏をお招きし、「世界と日本のエネルギー問題」と題し、第一部の講演会を行いました。山本氏は化石燃料の輸入費の増大などで世界に比べ日本の経済力は停滞していると指摘したほか、エネルギー安全保障や、自然エネルギーと電力自由化などについて日本の現状を解説されました。また、第二部では、オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーによる、楽器紹介や朗読などを交えての楽しい「木管五重奏」の演奏がありました。

9月16日(金)企画・広報委員会

[場 所]
金沢商工会議所会館

委員13名が出席し、「平成28年度上期実施状況および下期活動計画(案)」について審議していただいたのち、「志賀原子力発電所の現状」について報告がありました。また、委員会終了後、富山短期大学の田淵英一先生から「記憶のしくみと鍛え方」と題した講話がありました。

9月8日(木)技術委員会

[場 所]
金沢都ホテル

委員15名が出席し、「平成28年度上期実施状況および下期活動計画(案)」について審議していただきました。また、日本原子力発電:敦賀発電所、日本原子力研究開発機構:もんじゅ、ふげん、北陸電力:志賀原子力発電所のそれぞれの状況について、当該委員から報告がありました。
委員会終了後、原子力発電環境整備機構により「高レベル放射性廃棄物の最終処分」について説明がありました。

9月5日(月)・6日(火) エネルギー施設視察研修

断層による地表変化実験の様子
[場 所]
・電力中央研究所 地球工学研究所
        (千葉県我孫子市)
      ・株式会社 東芝 横浜事業所
        (神奈川県磯子区)
[対 象]
理工系大学生 6名

本研修は北陸三県の理工系大学生、大学院生を対象に毎年行っているもので、訪問先では研究所の概要説明や巨大な実験設備見学などを通じて,エネルギーに関する研究内容を学びました。
 参加した学生からは、質問が多くあり有意義な研修となりました。

9月6日(火)暮らし応援セミナー

飯塚講師

[場 所]
金沢東急ホテル
[対 象]
北陸原子力懇談会会員団体・企業
〔参加者〕 45名

当懇談会の会員企業・団体を対象にセミナーを開催しました。第一部では、埼玉医科大学の飯塚裕幸助教が「放射線~身近にあるって本当?」と題し、放射線の基礎知識や人体への影響、医学での利用などについて例えを交え分かり易く説明し、参加者からは「放射線に対する理解が深まった」という声を多くいただきました。また、第二部では、金沢市にある㈱ヤマト醤油味噌の山本晴一社長が「目指せ!発酵食美人」と題し、味噌や醤油などの発酵食の歴史や美容・健康に及ぼす効果などについて話されました。

8月29日(月)エネルギー研修会

講義:金沢勤労者プラザにて
[場 所]
講義:金沢勤労者プラザ 405会議室
      見学:北陸電力(株)志賀原子力発電所
[対 象]
日本原子力学会中部支部会員
      北陸三県の理工系大学生  10名

講師に名古屋大学大学院工学研究科准教授の
伊藤高啓氏をお迎えし、「熱伝達向上に向けた
濡れのダイナミクスの解明」と題し講演しました。
また、講演後は志賀原子力発電所へ行き、緊急時
対策棟や防潮堤等を見学しました。

2016年8月

8月3日(水)施設見学会(公益財団法人 金沢子ども科学財団)

能登原子力センターにて
[場 所]
能登原子力センター、アリス館志賀、
      北陸電力(株)志賀原子力発電所
[対 象]
公益財団法人 金沢子ども科学財団  7名
      (小学5年生~中学2年生)

 子どもたちは、志賀原子力発電所のほか、再生可能
エネルギーである福浦風力発電所・志賀太陽光発電所
を見学しました。
 また、LEDと白熱球の発電比較実験で違いや、
燃料電池の仕組み等を学びました。

2016年7月

7月12日(火)施設見学

志賀原子力発電所の概要説明の様子
[場 所]
北陸電力(株)志賀原子力発電所
[対 象]
金沢大学 理工学域 電子情報学類 学生 8名

学生たちは、志賀原子力発電所の概要説明を受けたあと、
志賀2号機の運転訓練シュミレータ施設や緊急時対策棟等
を興味深く見学しました。
 また、再生可能エネルギーの志賀太陽光発電所や,福浦
風力発電所を見学しました。

北原懇だより