北原懇だより

2018年12月

12/14(金)エネルギー講演会

大谷氏
[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕約130人

 第一部では駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏を講師に迎え「人工知能(AI)と経済の未来」と題し講演を行いました。現在の人工知能の発展について紹介しつつ、将来の雇用への影響について話しました。
 第二部では帝京大学医療技術学部診療放射線学科教授の大谷浩樹氏を講師に迎え「放射線を利用した診断・治療~患者とのコミュニケーション~」と題し講演を行いました。レントゲンやCTなど放射線を利用した診療の有用性とそれを行なう際に患者とのコミュニケーションをとる重要性について話しました。

12月4日(火)石川レディースセミナー

[場 所]
しいのき迎賓館(旧石川県庁)
[対 象]
当会会員企業・団体の女性従業員25名

第一部では、日本原子力研究開発機構の大場恭子氏が「くらしの中のエネルギー」と題し、私たちの生活にも影響する世界や日本のエネルギー事情について分かりやすく説明しました。また、第二部では2017年ジェラートフェスティバル世界チャンピオンの柴野大造氏が「能登発信のジェラートで世界を切り拓く」と題し、ジェラートの試食も交えながら、地元能登や仕事にかける熱い思いを話されました。

2018年10月

10月31日(水)放射線セミナー

[場 所]
金城大学 松任キャンパス
[対 象]
金城大学 看護学部2年 約85名

石川県立中央病院 がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師の藤川直美氏が「がん放射線療法と看護」と題し、がん治療における放射線療法や、看護でのこころがまえなどを実際に看護に携わる看護師の立場から講義しました。

10月19日(金)エネルギー講演会

森本氏
[場 所]
ホテルグランテラス富山
〔来場者〕 130名

 元防衛大臣で拓殖大学総長の森本敏氏を講師に迎え、「日本のエネルギー安全保障~最近の国内外情勢を踏まえて~」と題して講演会を行いました。
 森本氏は東日本大震災前後での日本のエネルギー構成の変化を紹介し、最近の国際情勢の動きを踏まえた日本のあるべきエネルギー政策について解説しました。

10月5日(金)エネルギー講演会

遠藤氏
[場 所]
金沢ニューグランドホテル4階 金扇
[来場者] 約160名

金沢市で「エネルギー講演会」を実施しました。
   第一部ではジャーナリストの河合雅司氏を講師に迎え「未来の年表~人口減少日本で起こること~」と題し講演を行いました。少子高齢化が進展する中で、社会のあり方を転換する必要があると話しました。
   第二部では慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授の遠藤典子氏が「第四次産業革命とエネルギー政策」と題して講演を行いました。ネットワーク家電や電気自動車の普及によって電力消費量が増加すると紹介し、エネルギー供給の重要性を話しました。