広報誌
講演会などの内容を紹介した広報誌を発行しています。

広報誌をご希望の方は、当会までお問い合わせください。

  (希望広報誌名、部数、送付先[氏名・住所])

  TEL:076-222-6523

  FAX:076-222-8925

  E-mail:info@h-genkon.jp

低線量放射線の生体への影響と免疫・健康・食の重要性

2018年2月27日に富山市で開催した「レディースセミナー」の講演録です。講師のルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部インターフェロン・生体防御研究室長の宇野賀津子氏が、放射線の基本的な知識や低放射線の身体への影響、がんを防ぐための免疫力アップの方法や食の大切さについて紹介し、いつまでも健康に生きるライフスタイルを提唱しています。


発行:2018年3月

エネルギーの未来を見つめて~研究開発の最前線を歩く~

福井工業大学工学部原子力技術応用工学科と福井大学工学研究科の学生および教授、合わせて30名が参加し、岐阜県瑞浪市にある高レベル放射性廃棄物を安全に地層処分するための研究や技術開発に取り組む「瑞浪超深地層研究所」と、同県土岐市にある核融合発電の実現を目指している「核融合科学研究所」を視察しました。その様子を紹介します。


発行:2018年3月

学んでみよう!放射線~"役立つ"って知ってる?~

2018年2月22日に福井市で開催した「レディースセミナー」の講演録です。講師の日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究センター技術副主幹で長岡技術科学大学准教授の大場恭子氏が、放射線の基礎的な知識や、よく誤解されるポイントについて説明し、医療だけでなく、工業や農業の分野でも利用され、私たちの生活を安全かつ豊かにしていることを知ってほしいと呼びかけています。


発行:2018年3月

暮らしに身近な放射線を探る

「放射線は危ない」という漠然としたイメージを抱いている方は、多いかもしれません。しかし、放射線を適切に利用すれば、私たちにさまざまなメリットを与えてくれます。手術用の縫合糸や手袋、注射器具などの医療用機器・材料のほか、容器包装材料、実験動物用飼料など多くの製品で、放射線照射を利用した滅菌処理が行われています。今回、訪問した「株式会社コーガアイソトープ」は、放射線照射の技術を生かして、このような「製品の滅菌」のほか、「製品の機能性向上(改質)」や「微生物試験」も行っており、その概要を紹介します。


発行:2018年3月

知っておきたいエネルギーミックスの話

秋元 圭吾 氏
(地球環境産業技術研究機構システム研究グループリーダー・主席研究員)


日本、世界のエネルギー事情や地球温暖化対策の状況などを紹介。安全保障や安定供給、経済性、環境への影響の面から、安全・安心に関するリスクを総合的に考え、バランスのとれたエネルギー対策に取り組むことが重要であると指摘。(平成29年10月3日富山講演会講演録)


発行:2017年12月

石川県保健環境センターを訪ねて

石川県保健環境センターでは、北陸電力㈱志賀原子力発電所周辺地域の放射線を常時監視するほか、ウイルスや細菌、大気や水、食品などを対象として、化学や微生物学などを専門とする研究・技術職員が日々、試験・検査・監視に取り組んでいます。暮らしの安全・安心を確保する縁の下の力持ちとして、業務を手がける同センターを訪問し、主に試験・検査にかかる日頃の取組みなどについてお聞きしました。


発行:2017年11月

放射線の基礎知識と健康影響

柿沼 志津子 氏
  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
   放射線医学総合研究所放射線影響研究部部長)


 放射線は食べ物や体の中にも存在していることや、身の回りで有効活用されていることについて説明。またマウス実験のデータなども紹介しながら被ばくによる発がんへの影響について解説。
(2017/6/23 富山短期大学セミナー講義要旨)


〔主な内容〕
 ・放射線は宇宙と同時に誕生
 ・時間がたつと規則的に弱まる放射線
 ・地盤の違いで自然放射線量に差
 ・放射性物質は食べ物の中にも
 ・医療な工業で放射線を有効活用
 ・がんの原因とその修復機能
 ・じわじわ被ばくなら発がん率は増えず


発行:2017年9月

放射線の産業利用~安全・安心な社会を築き、ゆたかな暮らしに役立つ放射線の利用~

鈴木 國弘 氏
  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
   経営企画部総括参事(広報担当))


 放射線の利用はより豊かな未来をひらく最先端の科学・技術のひとつであり、実際に農業や工業、医療など幅広い分野で放射線が利用され、暮らしや社会に役立っている現状を紹介。


〔主な内容〕
 ・科学や技術に理解と関心を
 ・そもそも放射線とはどんなもの?
 ・さまざまな産業で役立つ放射線
 ・医療の最先端をひらく放射線
 ・科学技術立国に向けて


発行:2017年9月

医療で幅広く利用されている放射線~金沢大学附属病院を訪ねて

 現在の医療にとって放射線を使った診断・治療はもはや欠かせない技術であり、これからもますます発展する医療分野です。医療現場の最前線では、どのように放射線が役立てられているのかを紹介します。


〔主な内容〕
 ・およそ100年前から放射線を使った診断や
  治療研究を行っている金沢大学附属病院
 ・病変の位置や大きさを画像で診断~放射線科~
 ・精度の高い放射線照射でがんを治療~放射線治療科~
 ・病変に集まる放射性医薬品で診断治療~核医学診療科~
 ・放射線医療の研究


発行:2017年2月